本文へ移動
株式会社瑞笑
東聖薬局
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見6-4-15
TEL.042-757-2395
FAX.042-757-7855

薬局
0
1
6
0
2
8

調剤報酬(料金)について

調剤報酬料金について

調剤基本料金

調剤基本料金は、患者様が薬局に処方箋をお持ちになられた時に発生する料金の事です。
ただしこの基本料金は薬局の規模によって大きく変わります。
当薬局はお陰様で多くの患者様にご利用頂いていますので、分類上は規模の大きい薬局となり、基本料金は250円。自己負担分は70円程度になります。
規模の小さな薬局(例:いつも空いている、店構えが小さい薬局等)は、国がその経営を保護する目的で、基本料金が非常に高額に設定されています。
最も高額になるケースですと760円、自己負担分は約230円と当薬局の3倍以上もしてしまいます。
薬局に支払う料金を安くすると言うことでは、規模の大きな薬局に処方箋をお持ちになるというのも1つの方法です。

調剤料

薬剤師が薬を取りそろえたり粉を混ぜたりするときに発生する料金です。ただ取りそろえるだけの料金ではなく、薬の飲み合わせや副作用、混ぜても問題ないかという事の判断を薬剤師は同時に行っていますが、その料金も含まれます。
詳細は非常に複雑でわかりにくいのですが、簡単に表記すると、服用方法毎に計算し、例えば毎食後の薬が2種類30日分処方されていた場合、服用方法が同じなので薬の数に関係なく、780円(自己負担約240円)となります。
ご不明な点は、お薬をお受け取りになる際に、薬剤師にお聞き下さい。
 

その他の料金

薬剤服用歴管理指導料とは、患者様の体調やアレルギー、副作用の有無、飲み忘れられて残っているお薬の確認や、処方されているお薬の説明、注意点などを説明した際に頂く料金で、当薬局の場合は530円(自己負担約160円)頂いております。
調剤基本料金が規模の小さい薬局は高いと、調剤基本料金のところでご説明しましたが、その分の若干の是正なのでしょうか、薬餌服用歴管理指導料は規模の大きな薬局の方が120円(自己負担40円)高くなっていますが、基本料金を含めても規模の大きな薬局の方が安いです。
他にお薬の服用状況を処方された医師に伝えた際に発生する服薬情報提供料や、在宅医療を受けておられる患者様のお宅までお薬を届けてそこで服薬指導する在宅患者訪問薬剤管理指導料とうがありますが、ここでは詳細は割愛させて頂きます。

かかりつけ薬剤師指導料

かかりつけ薬剤師の資格を持った薬剤師を患者様にご指名頂くことで、730円(自己負担約220円)の料金が発生しますが、この場合は薬剤服用歴管理指導料は頂くことができないので、実質、薬剤服用歴管理指導料に自己負担金で60円プラスして頂くことで、患者様専属のかかりつけ薬剤師を持つことができます。
患者様は何でも相談できるかかりつけの医師はいらっしゃると思いますが、かかりつけの薬剤師というと殆どの方が、いないというのが現状です。
かかりつけ薬剤師を指定して頂きますと、困ったときには24時間相談可能、他の病院や薬局で貰っている薬に関しても、ドラッグストアで買った市販の薬に関してもサプリメントでも何でも相談することができ、薬剤師も患者様が飲まれている薬やサプリメントの内容を知ることができるので飲み合わせによる副作用の発見を容易にできて、患者様にとって良いことばかりです。
もし、ご興味ございましたら、薬剤師にお声をかけてください。
TOPへ戻る